「場づくり」をはじめよう。

場づくりをはじめよう

  「だれかと思いを共有するには?」
  「自分のやりたいことを、はっきりさせるためには?」
  「参加している団体の悩みを解消するには?」
  「活動する場をつくりたいけど、なにから始めればいい?」


 忙しい日常のなかでも「なにかをしたい」という思いを大切にしたい。
 そんなときに、どうすればいいのでしょうか?









場づくりというアプローチがあります。


  「場づくり」は、ゼロから活動の場をつくりだす
   理論(哲学)と実践方法(技術)です。  

場づくりクラスの様子

「場づくり」を仲間と共に学ぶ場

れんげ舎では「場づくり」について、仲間と共に学ぶ場を準備しています。「場づくりクラス」では、基礎理論をしっかり学べる【座学】、仲間と共に体験しながら深めていける【ワーク】、実際に自分たちで場をつくる【実践】と、3つの要素でプログラムが組まれています。およそ半年間かけて、全15回の「学びの場」があります。

場づくりクラスについてはこちらをご覧ください。2014年度のクラスは5月28日に開講します。定員30名。参加申込み受付中です。

場づくりクラスの受講生たち

様々な年齢、立場の人たちが学んでいます。

社会貢献活動を行うNPO・NGOに携わる方、社会人をやりながら「なにかやりたい」という思いを持っている方、進路を模索中の学生の方、地域で活動するシニアの方、行政機関の職員の方など、様々な年齢、属性、立場の方々が学んでいます。ふつうの学びの場では得られないつながりと、仲間とのかかわりから得られる深い学びと喜びがあります。

場づくりクラス集合写真

学びだけでなく、「実践」の機会を持てます。

自分のやりたいことや問題意識を反映した活動をしたい。そう思っても、仕事などの事情で、なかなかすぐには始められないこともあります。また、自分で始める前に、実践を通して力をつけたい、どれくらいできるのか試してみたい──そんなニーズもあるでしょう。

メルマガ著者|長田英史(NPO法人れんげ舎 代表理事)

学生時代に始めたボランティアの市民活動を続けるため、就職ぜず、それを仕事に。
鳥山敏子に師事し、竹内演劇研究所の系譜のレッスンを受け、自分や活動を見つめ直す。
まだ日本にNPO法人格などが存在しない1996年、れんげ舎を設立。
この道23年。自身の活動の経験を整理し、「場づくり支援事業」を展開。
現在は、「場づくり支援」として、年間70本の講座やワークショップをこなす。
NPO法人れんげ舎代表理事。まちだNPO法人連合会会長。


<経歴>
1972年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
1990年、和光大学経済学部経営学科に進学し、入学と同時に町田の教育運動にかかわる。
1994年、和光大学経済学部経営学科卒業。
1996年、和光大学人文学専攻科教育学専攻中退。同年、任意団体としてれんげ舎設立。
1997年、小学生から高校生までの子どもたちの居場所すぺーすれんげ舎を設立。
2002年、れんげ舎がNPO法人格を取得し、代表理事に就任。
2003年、まちだNPO法人連合会の設立にかかわり、事務局長に就任。
2010年、まちだNPO法人連合会の会長に就任。場づくり支援事業を本格化。

<近年の実績 ※抜粋>
・2010年 町田市コミュニティ啓発シンポジウム(産業観光課)パネラー出演
・2010年 日韓社会的起業フォーラム講演(韓国人の若い起業家向け)「活動を本当に意味あるものにするために」
・2010年 町田市市民協働推進課&ボランティアセンター主催 NPOきほんのき
・2010年 NPO団体主催 コミュニティカフェ講座「活動を創り出す側の責任とは?」
・2010年 大和市職業訓練生向け講演「就職する?自分で仕事を創り出す?」
・2011年 PARC自由学校「コミュニティカフェをつくろう!」昼クラス(全9回)
・2011年 PARC自由学校「コミュニティカフェをつくろう!」夜クラス(全13回)
・2011年 まちカフェ!(副実行委員長/会議の仕方講座講師)「団体を活性化させる会議の方法」
・2011年 れんげ舎主催「放射能と子育て」ワークショップ(NHK取材あり)ファシリテーター
・2011年 町田市産業観光課「コミュニティビジネスフォーラム」講演
・2011年 町田市市民協働推進課主催・まちだNPO法人連合会企画運営「地域活動の始め方」連続講座&ワークショップ
・2011年 法政大学社会学部 ゲスト講義「"場づくり"のステップ」「NPOの活動は善いこと?」
・2011年 江戸川総合人生大学 地域活動特講(全2回)
・2012年 PARC自由学校「コミュニティカフェをつくろう!」昼クラス(全9回)
・2012年 PARC自由学校「コミュニティカフェをつくろう!」夜クラス(全13回)
・2012年 町田市講座「地域活動のはじめ方」全4回
・2012年 京都楽天堂「小さな仕事塾〜私だから出来る私らしい場づくり〜」
・2012年 PARC自由学校「コミュニティカフェ・アドバンストクラス」(全7回)
・2012年 世田谷区地域福祉「場づくりの理論と実践」(全14回)
・2012年 江戸川総合人生大学 地域活動特講(全2回)
・2013年 PARC自由学校「コミュニティカフェをつくろう!」昼クラス(全9回)
・2013年 PARC自由学校「コミュニティカフェをつくろう!」夜クラス(全13回)
・2013年 れんげ舎主催「場づくりセミナー」(全4回)
・2013年 れんげ舎主催「場づくりクラス@あきゅらいず森の楽校」(全14回)
・2013年 PARC自由学校「コミュニティカフェ・アドバンストクラス」(全6回)
・2013年 東京ボランティア・市民活動センター「誌上場づくりクラス」監修(全3回)



見落とされがちな視点

場づくりとは?

「場づくり」というと、まず「私が場をつくる」ということをイメージします。そして、人によっては「その場で私はうまくやれるかな…」という不安がでてきて「無理かも…」という結論に達してしまう。ありがちな展開です。
その原因は、あなたに力がないのではなく、「いま場がないために、不正確なイメージをもってしまう」ということです。少し、このことについて説明しましょう。
準備された「場」は、日常生活とは異なります。なにかの活動をするために準備された「場」なので、その「場」に自分が入ると、普段よりも、力が発揮しやすくなります。自分自身がつくった「場」なのですが、その「場」のなかに入ると、その「場」から力をもらえて、力を発揮しやすくなります。しかもこれは自分だけに限ったことではなく、他の人(仲間)もそうです。
人がただ集まっただけでは、そのような「場」はできません。そういう「場」を準備する考え方やノウハウなどが「場づくり」です。メルマガ「場づくりのチカラ」では、そのような場づくりの考え方やノウハウを、お伝えしていきます。

  

  

 

れんげ舎の主な活動です。大きく分けて3つあります。

場づくり支援

単発の講座から、半年かけて学べるクラスまで。

「場づくり支援事業」は、れんげ舎主催のものと、自治体や他のNPOなどが主催し講師派遣するものがあります。れんげ舎主催の「場づくりクラス」では、半年間かけて、座学・ワーク・実践の組み合わせで、場づくりをからだで学べます。

金魚玉珈琲

れんげ舎運営のカフェは、瓶詰めプリンが有名です。

「金魚玉珈琲」は、れんげ舎が運営するカフェです。10周年を迎えました。看板メニューの「瓶詰めプリン」は、TV番組でAKB48が食べて話題になり、全国の有名デパート(催事会場など)や、楽天市場などでも購入できます。

あそび団

子どもたちの活動は、わたしたちの原点です。

「あそび団」は、小中学生を対象とした子どものあそび場です。子どもたちの自治によって運営されるあそびの集まりで、前身の団体を含めると20年以上の活動実績があります。わたしたちれんげ舎の活動の<原点>です。